包茎治療について

包茎治療について

包茎は男性器の先端の亀頭まで包皮に包まれている状態の物をいいます。
完全に皮がかぶさって出ない状態や、手でむけば亀頭を露出させる事が出来る状態など様々です。

包茎のなかで特に多いのが、手で皮を剥くと亀頭が出せる仮性包茎と呼ばれる状態です。
日常生活には支障がありませんが、皮が被さっているために垢や分泌物が溜まりやすく気をつけていないと垢のため臭いが強くなります。
また性器が子供の頃と変わらない状態であるため、未発達な印象を与える事もあります。

仮性包茎は手術をすると治すことができ、手術自体も30分程度の簡単なもので麻酔をして行なうので痛みもありません。入院などの必要もなく、手術後の通院も1回程度ですみ、手術に溶ける糸を使っている場合には通院の必要もありません。

手術は包皮を糸で留めて皮が亀頭にかぶらないようにする方法と、皮を切除する方法があります。
皮を糸で留める方法は簡単ですが、糸が切れると元の状態に戻ってしまいます。完全に治療するには皮を切除した方が良いと言えます。手術は泌尿器科や美容整形外科などで受ける事ができますが、病院によって手術した後の状態が変わってきます。

手術したことが人にわからないよう傷跡が目立たないように手術してくれるところもあり、どのような仕上がりを望むかによってクリニックを選んだ方が良いでしょう。

また包茎手術と一緒に亀頭増大や男性器の悩みを解消する手術を一緒に行なう人もいます。

包茎手術・包茎治療を広島市でするならココがお勧め!評判・口コミ!へ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ