自分の包茎のタイプを把握して必要な対策を

自分の包茎のタイプを把握して必要な対策を

包茎に悩んでいる男性は少なくありませんが、対策を考える場合には、まずは自分の状態把握しておくことが大切です。

包茎と一口にいっても、大きく分けて真性と仮性、そしてカントンの3つのタイプがあり、それぞれ対策の必要性や緊急性も異なります。
この3つのタイプの中で、早期の対策が求められるものが、真性とカントンです。

真性は、常に亀頭が包皮に覆われてしまっている状態の包茎のことですが、これを放置すると悪臭の他、感染症や泌尿器疾患の原因となってしまうので、手術で解消することが必要となります。

そして、真性以上に早急な処置が要求されるのが、カントン包茎です。
これは、無理に剥いてしまったことにより、締め付けられて戻らなくなってしまった状態のことで、処置が遅れると深刻な状態に繋がってしまいます。

なので、この状態になってしまった場合には、一刻も早く評判の良い病院で手術を受けることが大切です。
この2つのタイプは日常生活に支障が及び、治療が必要なものとして認められているので、健康保険の適用のもとで手術を受けることができますが、問題となるのが仮性包茎の場合です。

仮性の場合は、問題は通常時の見た目だけであるケースが多く、生活、健康上の問題を伴わない為、手術には健康保険が適用となりません。

仮性包茎は、本人がコンプレックスに感じていても、実は一般的に正常な状態であるというケースもあります。
まずは手術が必要であるかを冷静に判断し、その結果手術を受けると決めた場合には、信頼できるクリニックに相談しましょう。

包茎手術・包茎治療を広島市でするならココがお勧め!評判・口コミ!へ



 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ