包茎は必ず手術をしなくてはいけないわけではない

包茎は必ず手術をしなくてはいけないわけではない

包茎は、必ず手術をしなくてはいけないわけではありません。
包茎と言っても大きく分けて三つの種類が存在し、その内でも手術をしなくてはいけないのは真性のものだけなのです。

包茎には、仮性、カントン、真性の三つの種類があります。仮性というのは、通常の状態だと亀頭が露出しないのですが勃起をしたときには自然と亀頭が露出するようになっている状態であるため、基本的に男性の身体に大きな健康的な被害をもたらすことはありません。

実際、日本人男性のほとんどは仮性包茎となっていることがわかっています。
カントンと言うのは、亀頭を覆っている皮をむいたときにその皮が亀頭を締め付けてしまって亀頭部分が膨れ上がってしまうことを言います。

しかし、これは皮の先端部分が狭いことに原因があるため、その症状そのものが悪いわけではありません。
専用の器具を利用して皮の先端を広げるようにすれば、自然と勃起したときに皮がめくれる仮性包茎になるため、手術をする必要はありません。

手術をしなくてはいけないのは、亀頭と包皮が癒着している真性の状態のみです。この状態になっている、皮の内部に細菌やウイルスなどが溜まりやすくなってしまうため、男性の健康的な被害どころか、性行為をする際に相手の女性にも病気を移してしまう可能性が高くなります。
そのため、手術によってその癒着を無くすことが大切になるのです。

このように、包茎と言ってもすぐに手術をしなくてはいけないわけではないということを知っておかなくてはいけません。

包茎手術・包茎治療を広島市でするならココがお勧め!評判・口コミ!へ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ