手術が必要な包茎の種類

手術が必要な包茎の種類

包茎は男性にとってとてもデリケートな悩みです。実に日本人男性の70%が包茎とされており、多数派ともいえるのですが、デリケートな悩みであるがために、あまり表立って友達などに相談することができないものですので、ひとりだけで悩んでしまっているケースも多く見られます。

こうした包茎の悩みというのは性行為に直結する悩みですので、コンプレックスになってしまいやすいものです。
このため包茎がコンプレックスになってしまい、女性とお付き合いをすることなどに躊躇するようになったりしてしまうこともあります。

また、男性同士の温泉旅行などに行くこともためらわれるようになってしまう人もいます。
包茎には種類があります。仮性、真性、カントンなどです。しかし、仮性の場合は医学的には手術は不要とされています。

性行為に特に支障がないからです。しかしながら、見栄えの問題などで手術を受ける仮性の方もいます。

一方、真性やカントンの場合、手術が必要となります。
性行為に支障が出るだけではなく、日常生活上も問題が発生してくるからです。重度のものになると壊死を起こしてしまう場合もあります。

包茎手術・包茎治療を広島市でするならココがお勧め!評判・口コミ!へ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ