包茎の種類とは

包茎の種類とは

包茎は男性器のうち先端の亀頭部分が包皮によって囲まれた状態を指す言葉です。
基本的に小便を排出するさいには包茎であっても問題はありませんが、性交渉を行う場合に問題になる場合があります。

包茎には3つの種類があり真性、カントン、仮性があります。このうち性交渉で問題となるのが真性とカントンの2種類です。
通常、男性器は、勃起すると膨張して体積が多くなり、それによって皮が引っ張られて亀頭が露出しますが、真性包茎では亀頭がまったく露出しない状態になります。

またカントは亀頭の一部しか露出しない状態です。このような状態では、場合によっては痛みを生じる場合があり、正常な性交渉に支障を来すことになります。そのため治療の対象となっており健康保険の対象となっています。

なお、人間の皮は伸びやすいため、日頃から伸ばすマッサージを行えば自然と剥ける場合がありますが、これら努力を行っても剥けない場合には外科的な処置を受ける必要があります。

一方で仮性包茎は、勃起しても完全に亀頭が露出しないものの手で剥くことで亀頭が完全に露出する状態になるものです。

日本人の半数以上は仮性包茎とされています。この場合には性交渉には問題はありませんが、皮が被っている場合には不衛生であるという理由から治療する人も多くいます。

ただし、こちらは治療といっても美容整形と同じ性質のものであり、健康保険の対象にはならず治療費も高額になります。

包茎手術・包茎治療を広島市でするならココがお勧め!評判・口コミ!へ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ